SoLaShiMa゛〜COZY! mique(みけ)vocal〜

mique(vocal) blog sing a song!

<ライブ情報>☆NEW☆

GyponCopain(ギポンコパン)初CDリリース決定

■2017/11/7 CDリリースライブ

開場/開演 19:00 / 19:30
会場 ARK HiLLS CAFE (アークヒルズカフェ)
メンバー 阿部ギポン義邦(g)、mique(vo)、小倉諭史(b)、松山裕也(dr)、山田拓斗(vn)、上野悠(cl,fl,s.sax)
Music Charge  投げ銭制(Tipping)

【ご予約】(お名前、人数、連絡先(TELLorMAIL)を明記)
ギポンコパンへMail→  gyponcopain@gmail.com

住所:東京都港区六本木1-3-40
六本木1丁目駅(3番出口)から徒歩2分
溜池山王駅(13番出口)から徒歩4分

*CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
mique(ミケ)

みけ公式ホームページ。
http://www.vocal-mique.com
最新情報をチェック!
プロフィール
インフォメーション
お問い合わせ先(メール)
vocalmique@gmail.com
facebook
COZYの音源
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES

Others
qrcode





  • みけ公式ホームページ

    http://www.vocal-mique.com
    最新情報をチェック!


    ★live infomation★
    FullSizeRender.jpg


    <テレビ>
    テレビ出演が決まりました!!
    5/26 Music on TV!
    20:30〜21:00



    <ライブ>


    ■GyponCopain(ギポンコパン)初CDリリースライブ

    2017/11/7(火)
    開場/開演 19:00 / 19:30
    会場 ARK HiLLS CAFE (アークヒルズカフェ)
    メンバー 阿部ギポン義邦(g)、mique(vo)、小倉諭史(b)、松山裕也(dr)、山田拓斗(vn)、上野悠(cl,fl,s.sax)
    Music Charge  投げ銭制(Tipping)
    ※1ドリンク1フードのご注文をお願いします。
    ※どうぞCDのご購入をよろしくお願いします。

    【ご予約】(お名前、人数、連絡先(TELLorMAIL)を明記)
    ギポンコパンへMail→  gyponcopain@gmail.com
    お店へ予約  Mail→ info@arkhillscafe.com

    住所:東京都港区六本木1-3-40
    六本木1丁目駅(3番出口)から徒歩2分
    溜池山王駅(13番出口)から徒歩4分




     
本日のイベント中止
本日、出演予定だった船橋市の音楽祭は悪天候のためイベント中止となりました。 ご来場予定だった皆さま、申し訳ありません。
| - | 12:04 | |
CDリリース情報発表

11/7リリースのギポンコパンのCD情報が発表になりました。

gypon_チラシ.jpg

 

私の念願のCD発売となります。

11/7は、ミュージックチャージなしのリリースライブも開催しますので

ぜひにお越しください!!

 

ギポンコパンCDリリース情報

■ 2017/11/7発売 

『GYPON COPAIN 〜OTOMOSURU〜』
OSTK-0001/okesietik records
¥2,000(税別)

 

収録曲
1.Un nouveau pas 〜guitar solo〜
2.はるかなる旅
3.風まかせ
4.クツオト
5.El Futuro 〜instrumental 〜
6.碧い鳥
7.Copain
8.Solashima" 〜guitar solo〜

 

【参加メンバー】
阿部ギポン義邦(gut guitar, folk guitar)
mique(vocal, chorus)
小倉諭史(electric bass)
松山裕也(drums)
山田拓斗(fiddle, octave violin)
上野悠(flute, clarinet, soprano saxophone)

 

ギポンコパンWEBページより視聴できます
http://gyponcopain.com

 

 

■GyponCopain(ギポンコパン)CDリリースライブ


2017/11/7(火)
開場/開演 19:00 / 19:30
会場 ARK HiLLS CAFE (アークヒルズカフェ)


メンバー:CD参加メンバー全員揃います!!
Music Charge  チャージ設定なし投げ銭制(お気持ちをレジ横の袋にお入れください。)
※1ドリンク1フードのご注文をお願いします。
※どうぞCDのご購入をよろしくお願いします。

【ご予約】(お名前、人数、連絡先(TELLorMAIL)を明記)
ギポンコパンへMail→  gyponcopain@gmail.com
お店へ予約  Mail→ info@arkhillscafe.com

住所:東京都港区六本木1-3-40
六本木1丁目駅(3番出口)から徒歩2分
溜池山王駅(13番出口)から徒歩4分
 

| - | 10:48 | |
10/22船橋市で歌います

ミケです。

次の日曜日。ふなばしで歌います。

 

10/22(日) 
船橋市の音楽祭「ふなばしミュージックストリート」に出演します。

ギポンコパン阿部さんの出身地とのことで、阿部さんとデュオ!!珍しい年に数回しかないやつー!!

楽しみ。

 

フリーライブです。

<ライブ情報>
ギポン コパンDuo@ふなばしミュージックストリート
◎日時:2017/10/22(日)
◎会場:船橋グランドホテル
◎スタート:15:00(30分)
◎メンバー(ギポン コパン):
 阿部義邦:g、ミケ:vo

| - | 17:13 | |
映画「あゝ荒野」前編を観る

ミケです。

秋は、見たいものがいっぱいでこまります。
映画「あゝ荒野」前編みてきました。
 

これは、昭和香る(でも舞台は現代)映画でした。

暴力や○○や○○など、、、(←このブログには書けない(笑))

歌舞伎町で生きる人間とボクシングへの出会いと。

 

色でいうなら最初から最後まで灰色って感じの映画。

これが、自分には心地良かったりしました。笑。

 

タイトルの通り、荒野。

殺伐とした世界で淡々とした日常があり、

明るい希望はみえないのだけど、

でも、その中で生きている。

特に理由はないけれど、目の前にあることを大事に今を生きる。

 

そんな感じでしょうか。

 

この灰色さに最近の私は入り込みやすくて、

意外な自分を知れた、そんな映画でした。笑

 

後編も見よう!

| - | 17:08 | |
うまくできないけれど

先週末に歌ってきました。

 

音楽といっても幅広く、私は新たに挑戦していることがあって

それを人前で歌うのは4回目だったと思います。

まだまだうまくできないなぁ。

 

うまくできないことって、練習するのは楽しい。

 

うまくできなかったけど、歌っている時は楽しかったなぁ。

 

それに、そこに居た人達が出していた音がとても心地よくって、

私は、ふわぁ〜っと音に酔いました。融けました。

 

いろんな感謝の気持ちがうまれます。

 

歌うって楽しいな。音楽って楽しいな。

| - | 16:25 | |
安藤忠雄展みてきました

私の趣味である建築。

 

国立新美術館で会期中の建築家:安藤忠雄展。

みてきました。

 

すごい!の一言。

何がすごいかというと、惜しみなく余すことなく安藤忠雄さんの建築を披露していました。

(一回ではとても見きれないほどの情報量をたった1,500円で見れてしまう。お得感半端ない。笑)

 

多大な展示をざっとみているとアイデアが集約されていく様がみえ、

それは、生涯を通しての研究でした。

 

安藤忠雄さんは建築家としては有名すぎて、しかも膨大な数の建築を築いています。

誰でも一度は目にしているのではないか?渋谷に行ったことがあるなら、絶対見ているし。

日本中に安藤忠雄作品が点在している。

 

”その中には仕事としての昇華であり意味のないものもあるんだろうな。”

なんて安易な見方をしていた私。情けないです。

建築の大小にこだわらず、一つ一つ残した建築が、すべて意味をもって今の彼の建築に繋がっていました。

個人住宅の設計で生まれたアイデアが、大きなコンクリートの建築につながる、

その様があらわで、無駄なことなど何一つないことを物語っていました。

 

面白かったのは、

アイデアの集約の過程で、ご本人が定まる(答えをだす)瞬間があって、

「余白の空間」という言葉が印象的でした。

 

余白の空間をあえて持たすことで建物そのものの意味も価値をあげてしまうものづくり。安藤さんの定説でした。

 

ご興味のある方は、ぜひ!私はもう一度見に行こうと思っています。

IMG_4286.jpg

| - | 10:59 | |
軽音部の集まり

先日、私が学生時代に所属していた軽音サークルの数名で久しぶりに集まりました。

 

この軽音部は、私がバンドを始めたきっかけの場所ではあるのですが、

なんというか、、、まともではない、マニアックでハチャメチャな部で(笑)

私は所属はしていたものの、ここでほとんど活動せず学外で活動していました。

 

でも、そこにいたマニアックでハチャメチャな人達は、

やりたいことがハッキリしていて、内容はともかく表現することや主張することが好きな人達。

みんな素直で人間味あふれていたように思います。

ここでほとんど活動していないのですが、その空間はラクで自分に合っていたらしい。

 

群れるのが得意ではなかった私。

みんなも群れるのが得意ではない、けれど群れずとも自分の居場所は欲しかったのだろう。

きっと、似たような人達の集まりだったはず。

 

先日は、とても久しぶりだったので、みんなは子供がいたり、出世したり?、それぞれの状況は変わっていたのですが、

本人そのものと私たちの距離感は何も変わっていませんでした。

相変わらず、ラクでした。

| - | 11:13 | |
おまけ)理科の笑い話

これは、笑い話なのですが、

 

前回のブログで、理科を自力で勉強したという話。

あれで思い出しのは、自力には限界があるという笑い話です。

 

皆さん、”葉緑体(ようりょくたい)”って覚えています。植物の光合成に必要な細胞の器官。

 

私、中学校で自力で理科を勉強してしまった結果、

葉緑体をずっと「はみどりたい」と読んでいました。

もちろんテストでは漢字で書くので間違っていることに気づきませんでした。

 

高校になって再び葉緑体が出てきたときに堂々と「はみどりたい」と読み、皆から笑われたのは言うまでもありません。

 

「はみどりたいってなんなん?ミドリの全身レオタード来たレンジャーみたいなやつ?」

 

・・・・

自力には限界がある。

 

そんな。どうでもいいお話でした。

| - | 12:01 | |
おぐっちのツイキャス

昨夜、寝ようと思いながらも、ついツイッターを開いてしまいました。

できるだけSNSを見ないように心がけているのに、不覚にも。

真夜中の2時。

 

すると目に入ってきたのは、

ベースの小倉さんがツイキャスなるものを今から行うと。

 

ツイキャスって何?と、時代についていけていない私は思いました。

 

とりあえず再生ボタンみたいなのを押してみました。

すると、画像は固定されてますが、音声が流れてきました。ラジオな感じです。

おそらく生放送っぽい。

 

真夜中2時に聞く人いるの?と、思いながら、私は聞いているので、そういう人もたくさんいます。

むしろ、夜中は静かでよいです。

 

小倉さんがお話されていました。

知っている人が話しているのを、こっそり聞いてしまっている変な罪悪感を感じました。笑。

それに、私はメンバーのことをあまり知らないので、

いっぱいお話されている小倉さんは私にとって意外で、未知の小倉さんでした。

 

私が聞いたのはほんの5分くらいだったのですが、

「出会った人によって、今の自分がある。」的な話が良かったです。

 

学生時代の勉強の話をされていました。

出会った先生によって自身の人生が何かしら影響を受けることもあって

その後も出会った人達から何かしら影響を受けて、今の自分をつくっている。

という。そういう話だったような。

 

当たり前のようで、改めて納得してしまった。

 

私は、中学生時代の理科の先生が、失礼ながら、とても頼りない先生でした。

(頼りない性格が生徒から好かれていました。大人気の先生でした。)

けれど、まともに授業にならず、

「理科だけは先生に頼らずに自力で勉強しよう!!」という私の生真面目さ爆発。

その結果、理科が大好きになり大学まで理科一直線に進みました。

(残念ながら大学で”実験”が好きではないことに気づき、理科の道はあきらめました。)

 

あの先生に出会わなかったら、私の人生はちょっと違っていた気がします。

良い先生に出会うことじゃなく、”良き”も”悪き”もすべてが今の自分をつくっているんだな。

と、そんなことを思いながら、、、

昨夜は、寝ました。

| - | 10:58 | |
いい夢わるい夢

私は、寝ているときに夢をよくみます。

 

最近は、良い夢をよくみます。

 

先日、夢だとわかっていながらあともうちょっと見ていたい!なんて幸せな夢をみました。

二度寝をして、ぎりぎりまでその夢をみました。

 

けれど、予定の時刻に間に合わなくなるので起きなければならず、

葛藤とともに目覚めました。笑。

 

そういえば、リリースするCD用に描いた歌詞は、

終わらない旅、覚めない夢。

終わらないでほしい、覚めないでほしい。

メルヘンで私らしくない情景を描いたのですが、

まさにこの歌詞にぴったりな夢♪

 

夢って不思議ですね。ほんと。

現実にはありえない不思議なことが起こったり、

未来を予知しそうなワクワクなことが起きたり。

 

そして、私の一番よくみる悪夢は、

体育の授業で体操服忘れた夢。または、体育の授業で水着忘れた夢。

体操服忘れすぎて授業に出れずに単位を落としそうになっている(学校卒業できない)という、リアルな夢。

 

これは、過去50回くらいみています。笑。

 

体操服への執着心が、なぜかすごいんです。私。笑。

| - | 13:02 | |